心が落ち着く言葉というのは人間それぞれの解釈によって違う

身が影響を受けた戯画は、マス攻防戯画でした。軽く古本屋で目についたから買ってみたという単純な理由です。少しずつ読み切ると、心に響く言葉……と言うより、元からそこにあったかのような安心感のある落ち着く言葉が、その当にはつまっていました。別にそこまで物珍しいというわけでもない、マス攻防戯画にはありがちの言葉ばかりだ。でも、マスでありながら複雑なそのおしゃべりのしている時ではキラリと脂ぎる魔法の言葉となっていました。
そのしている時でもっとも好きな言葉は『貴様がダメージを負えば支えてする、貴様が動けなければ代わりに戦かってやり遂げる、貴様が悩むならその苦痛を受け取って始める、我々はグループだろう!』だ。こういう言葉には、グループとは何かをもらいできる科白でした。こういう言葉に、本当のグループというのはお互いに支え合えたり、尊重しあえたりするような関係なのではないかと思わされたのです。
最後に、戯画というのは酷い物体だ。絵画や、執筆で様々な人に語りかけれます。執筆で補えない部分を絵画で償う事ができます。さらに、背景している時の人々に目論見や願望、肝っ玉を受け取れるのです。身は、こういう戯画を読んで肝っ玉を与えてもらいました。グループとは何なのかを知りました。戯画をあまり読まないという人も、ぜひ戯画を読んでください。きっと自分の背景が広まるのを見える筈です。