オフはひたすらリラックスするオススメの方法や音響の選定方

オフの嬉しさは、なんと言ってもいつまでも朝寝坊もらえるということですね。ウィークデーにはきちんとセットする目覚まし時計もこの日だけは休み。何の心配もなくゆっくり眠ることが出来ると言うだけで、日頃のストレスが和らいでいきます。第最初「明日は必須存在時に起きなければ!」と思いながら寝るのでは、なかなか濃い睡眠をとることができません。さて、オフの朝、ふと目覚めれば10折過ぎ。なるほど、やっぱり疲れていたんだなあ・・と思いながら布団を出、しばらくはパジャマで話します。こういう「パジャマで暮らす」ということも、実はストレス解消の一部分。いつもは「きちんとしなければ!」と自分を批判し、髪の壊れ、スカートのしわにも注意を払っていますからなかなか気を抜くことも出来ないのですね。せめてオフの朝くらいは、こんな風にほぅっとすることも大切なのかな?と思います。新聞紙を広げ、端末を機能、メール点検の後にお気に入りのお茶を閉じ込める。お砂糖はいつもより多めに。昨日のうちにいっぱい焼いておいたパンケーキをあたため、とっておきの杏シロップをたっぷりとかけます。そしてヨーグルトにも。野菜サラダにはカボスのドレッシング。こうしたゆったりとした朝には、外が多雨でも日本晴れでもいずれも大丈夫。多雨の朝には、何となく多雨のカーテンに守ってもらえるような真実味があります。晴れていれば「よし、お洗濯始めるぞ!」とハートを押し込めることも出来ます。心身共に十分に休んですあとはいつものように着替え、きちんとおメークアップをし、徐々にウォーミングアップ。広間のの場合を片づけ、お布団を干し、タオルケットやシーツもざぶざぶ洗い流します。ベランダに出てプランターに植わって要るトマトやピーマンに水をあげ、朝顔のつるを誘発。その勢いで入り口、外の格差メンテナンスもし、ひとまず一息。夕方近くになれば近所の究極にお購入。1週分の素材を買い、1ヶ月曜日からの日毎に備えます。こんな風に日頃のストレスを上手に解消させ、心身共にリラックスし、そして次の1週に備えて出向く。リズム良く過ごしていきたいですね。デパス