義理父兄との養育の視点について話し合いは本当に疲れて現れる

育児をやるなかで、ダディと食い違うことはよくあることでそれは手の薄いことだと思っていますが一部分認識のいかないことがあります。それは義理身寄りのことなのです。基本的に、おじいちゃんおばあちゃんは孫にきめ細かいのは普通だと思いますし、わるいことをしても父兄が叱るので、怒らなくてもいいと思っています。しかし、私のキッズのために買ってくれた書籍や遊具を先に、ダディの姉のキッズが使っていたりすることが納得いかないのです。その際、誰も怒りません。お下がりなら、別に思いにしませんがわざわざわが子に買ってくれたのに、紙袋用紙をあけたり使ったり、ステッカーなどは貼ってあったりこれじゃあ、この子のために買ってないのと同じだと想うのです。その振る舞いに関して、まったく怒らない義理父兄が無性に胃腸がたちます。そんな、育て方なのかもしれませんが人のものを勝手に使うようなキッズになってしまう気がします。あたしは、わが子には人のものは勝手に使わない、貸してを言いなさいと教えていらっしゃる。ダディとも育児について異なりますが、ダディと食い違うイコールダディを育てた父兄とも食い違うのだと思います。私の本心が答えとかではないですが、わが子には私の道徳心が似てくれたらと思ってしまうのです。
キレマッスルはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です